フィナロの効果はプロペシアやフィンペシアと同等

フィナロの効果についてですが、簡単に説明をするとプロペシアやフィンペシアと同じ効果を発揮してくれます。共通する成分がフィナステリド1mg。

国内や海外の「塗るタイプの育毛剤」の効果としては、頭皮の血行を良くすることで発毛や育毛効果があると言われています。

しかし、フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)に効果があり、ホルモンバランスを抑制することで抜け毛の量を減らしてくれます。

フィナロの成分フィナステリド1mg

私達、「男の抜け毛の原因」として、男性ホルモンが促進されることで抜け毛の量が増えるといわれています。もっと詳しく説明すると、男性ホルモンの中のDHT(ジヒドロテストテロン)をつくりだす酵素「5αリダクダーゼ」を阻害することで、効果を発揮してくれるわけですね。

5αリダクダーゼにも一型と二型があり、一型は体毛に関係し、二型が頭皮の毛に関係しています。つまり、二型5αリダクダーゼが促進されることで、抜け毛の量が増えてしまうのですが、これを抑制してくれるのがフィナロの成分出るフィナステリドの効果になります。

ちなみにですが、フィナステリドのライバルである「デュタステリド」は一型と二型に効果があると言われています。だったら、フィナステリドよりデュタステリド配合の育毛剤が良いのでは?っと思いがちですが、このデュタステリドは副作用が強すぎるために、アメリカ衛生機関(FDA)では認証されていません。
※フィナステリドは副作用の発症率が低いため、アメリカ衛生期間で認証されています。

関連記事

no image

フィナロの副作用は発がん性の副作用ナシ

私が育毛剤を選ぶ時に気になるのがこの3点「効果・価格、そして副作用」になります。 フィナロはプロペ

記事を読む

no image

血液がドロドロだと抜け毛になりやすい

30代という年代で「薄毛・脱毛」に悩まされ利用していた「フィンペシア」。さすが、海外の育毛剤は国内と

記事を読む

no image

どうして薄毛が抜かれてしまうのだろうか?

私たちの「抜け毛増加の原因」であり「憎いテキ」でもある「デヒドロテストテロン」。 コイツさえいなけ

記事を読む

no image

フィンペシアとフィナロの比較

フィンペシアとフィナロの効果についてですが、2種類とも同じ成分でああるフィナステリド1mgを配合して

記事を読む

no image

サイトの運営情報

・メールアドレス ・運営について

記事を読む

no image

ジェネリック医薬品は価格屋が安いために使いやすい

日本では少なすぎる 最近は日本でもよく聞くようになったジェネリック医薬品。 テレビのCMや雑誌、

記事を読む

no image

キノリンイエローなしフィナロを一ヵ月間使っての口コミ

フィナロを使い始めてから、今日で約1ヵ月となります。 今までは、フィンペシアを約1年ほど利

記事を読む

no image

側頭部とフィナステリドの関係

正式な抜け毛の原因は解明されていない・・・・ 私の抜け毛の量が多いため悩まされた頭皮の部分は「前頭

記事を読む

no image

キノリンイエローの含まれていない「フィナロ」

フィナステリド1mgを配合しているプロペシアのジェネリックであるフィンペシア。 「価格の安さと、信

記事を読む

no image

フィナロをオオサカ堂で注文しました

約1年(300錠)ほど利用していたフィンペシア(キノリンイエロー無し)もなくなりかけているので、フィ

記事を読む

Comment

  1. Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
血液がドロドロだと抜け毛になりやすい

30代という年代で「薄毛・脱毛」に悩まされ利用していた「フィンペシア」

no image
どうして薄毛が抜かれてしまうのだろうか?

私たちの「抜け毛増加の原因」であり「憎いテキ」でもある「デヒドロテスト

no image
ジェネリック医薬品は価格屋が安いために使いやすい

日本では少なすぎる 最近は日本でもよく聞くようになったジェネリック医

no image
側頭部とフィナステリドの関係

正式な抜け毛の原因は解明されていない・・・・ 私の抜け毛の量が多いた

no image
キノリンイエローが含まれているフィンペシア

私がフィンペシアを使うようになったきっかけは「プロペシアの価格が高いか

→もっと見る

PAGE TOP ↑